φ(・ω・*)フムフム...

くさかんむりは自分の病気や薬について調べるのに拒否感みたいなものがあります。 プラセボ怖いもありますが 違うんですよ~!!これ、病院待合室アルアルかもなんですが、自分が服薬している薬の強さでマウント取ってくるなぞ思考の人たちがウザいんですよ~!! 「○○飲んでるの?私は3年前に飲んでたけど効かなくて~今は△△なんだけど~これも効かなくなってて~副作用で~ウンタラカンタラ~」 これが、知人ならともかく待合室でたまたま隣り合わせた人からだと、正直 「何がしたいの??この会話であなたの何が満たされるの??私の何に役立つ話題なの??」 とげんなりします。 要は 「私ね!貴方より病んでるの!」 って事でおk? ですよ。 副作用に関しては自分がなったものではなく、ググり散らかした情報だったりで語る人もいたので、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いで、薬や症状について調べるのが嫌いだったんです。 お医者さんや、薬剤師さんに聞ける範囲の情報のみで治療をすすめてきました。 で、今日呑みながらYouTube巡回してて、たまたま非嘔吐過食の方のダイエットチャンネルを拝見してて、お医者さんの仰る「健康的な過食」が何故いいかを知りました。 カロリー、脂質、糖質ドーン!なものを詰め込んでしまうというのは過食アルアルらしく、そうなると、必要な栄養がとれず、脳が満足の指令を出してくれず、ますます食べてしまう上に、胃はきついのに満たされるかんじもないのだとか。 なるほど!!先生が仰ってたのはこれのことかあー!!✨…

続きを読む

おっとー。これはいけませんねぇ。

ダイエットを宣言して、食事や運動を気づかいはじめてから、逆に過食の衝動が止まらないでござる。 なにゆえ…😭 精神的なものなのかなあ…orz でも、このまま過食が続いちゃうにしても、肥るにしても記録は重要。 食事も運動も重要。 ならば、体重計に乗るのを月1くらいにして、ダイエットは続行します!!✨

続きを読む