推し作家さんについて徒然

読書生活を続けていると推し作家さんも増えますね。 くさかんむりがシリーズ関係なく、お名前だけで読みたくなる作家さんは京極夏彦先生くらいだったのですよ。 話題作は読むけど、前までは漫画が優先(時間がなかったり、余裕がなかったり)だったので、話題作から派生してその作家さんの他作品を読むことがなかったんです。 ただ、今回の休職中に図書館という最高の場所を見つけて、読書欲に久久に火が点いて面白い、(読書系)YouTube chにも出会いコーヒー、様々なBGM、読書の楽しさに出会い本の世界に没入する愉しさを思い出したりして記録が間に合わないくらいに様々な本を読んでみたところ 著作を網羅したい欲に駆られるような作家さんが増えました!嬉しいー! 「推し、燃ゆ」でしか知らなかった宇佐見りん先生。「コンビニ人間」でしか知らなかった村田沙耶香先生。「ほんため!」でオススメされていた「おやつが好き」という本から出逢った坂木司先生。同じくオススメされていた「夜は短し歩けよ乙女」で魅了してくださった森見登美彦先生。自分で図書館から発見した「マカン・マラン」でほっこりしたり、ホロリとしたりさせてくださった古内一絵先生。 など、など!沢山の先生方の著作に間違いなさを感じ、「この先生の著作なら絶対面白い!」と、色々読んでいます。 たぶん、本の記録を読んでくださっている方なら、やたらと名前が挙がる作家さんがいるなあ、と思われたかもしれません。 まだ本の記録に出てない本の作家さんも、今回出てると思いますが、本の記録と…

続きを読む