11月26日の本。

今日は肉じゃがをつくり、部屋の片付けをして、ソイラテをお供に読書を開始しました。
2冊読了したので、読みたてほやほやの
DSC_0163-953b1.JPG
千早茜先生の「透明な夜の香り」と「赤い月の香り」

もーねー!
世界観がすきすぎる!
しん、と澄んだ、綺麗な空気感。
作中には様々な香りの表現が出てきますが、読書中想像されるのは、早朝の緑に揺蕩う朝露。

「無い」香りを想像し、時に力強く繁るハーブや薔薇の香りに目眩を感じ、水気を含んだ土の匂いや何時かの畳の匂いに懐かしさを感じる
みたいな!(伝われ!)

表題どおり、2作品ともに「香り」がキーワードになっています。

天才調香師の朔さんと、幼馴染みの探偵、庭師の源さん、そして家事や事務を担当する主人公。

朔さんには、「亡き夫のにおい」「理想の少女の香り」「異性を射止める香り」など、香水とはまた違うさまざまな依頼がきます。

とにかく!
朔さんが素敵すぎる!

異性として、とかではなく、キャラクターが本当に雲一つない夜の月を思わせて素敵です!

はー…いい読書時間でしたー!

この記事へのコメント